分析がすべて

転職を決意したときに、みなさん何をなさいますか。やはり、良い転職をするには、分析が欠かせません。

 

自己分析や企業分析です。

 

自分の履歴の整理をするにあたって、自己分析は欠かせません。

 

小さな事を大きく書きすぎれば、面接の際に突っ込まれます。
でも、何も書かなければ、履歴書は空白だらけです。

 

適度に主張や話ができるように記載することがコツです。
そして、得意な分野については、突っ込んだ質問がされても大丈夫なので、多少、気持ちを大きく持って、思いっ切った記載をしましょう。
(履歴書の記載で、ある程度、面接官の話題を誘導することも可能です)

 

そして、面接にのぞむ際には、企業分析を絶対にしなければなりません。
ここが勝負の分かれ目といっても過言ではないのです。

 

面接官は、当然、自分の企業やそれを取り巻く環境のことをよくしっていますから、その点を前提に話をします。
面接官の観点に沿った話ができなければ面接の際に話題が広がらないのです。

 

私は、面接官(役員)に「今日はすごく盛り上がった」と言われたときに通過を確信しました。

分析がすべて/転職面接での体験談関連ページ

人のふり見て…
面接で成功するために
面接会場に行ってみた