転職活動中に感じた『人のふり見て我がふり直せ』

転職活動をしていると、「『人のふり見て我がふり直せ』とはよく言ったものなのかもしれない」と思ってしまうような出来事に遭遇することってありませんか?
実は、私が転職活動をしている最中に、まさにそう思ってしまった出来事がいくつかありましたので、その中から一つ紹介しますね。

 

それは転職活動をしていて、電車に乗っているときのことでした。昼間だったのですが意外と混んでいて、私は立っていました。目の前には、スーツ姿の男性が二人座っていました。すぐ近くにお年寄りが立っているんだし、優先座席なんだから席を譲ってあげたらいいのにと、私は内心思っていました。

 

その上、その男性二人からビックリするような話が聞こえてきたんです。採用に関する話とか、新入社員に関する話とかです。はっきり言って、あまりいい話ではありませんでした。しかも、会社名まで言ってしまっているではありませんか。

 

転職活動ということもあって、この会社だけは何があっても絶対に受けないでおこうと固く誓った私です。それと同時に、電車の中やレストランなど公共の場所で話すときには私も気をつけよう、人前で転職活動の話は絶対にしないでおこうと固く誓った出来事でした。

転職活動中に感じた『人のふり見て我がふり直せ』/転職面接での体験談関連ページ

分析がすべて
面接で成功するために
面接会場に行ってみた